シトルリンと一酸化窒素、切っても切れない関係性とは?

シトルリンを摂取すると、身体に良いという事は理解できたけど、身体にどのような形で作用するのかというのは分からないですよね。

シトルリンが身体に作用する時に欠かせない存在なのが、一酸化窒素なんですね。

「一酸化」と付いているので、いかにも身体に悪そうなイメージがありますが、実はそうではないんですね。

シトルリンと一酸化窒素には深い関係があるというわけなんですね。

一体どのような関係性があるのでしょうか?

ここではシトルリンと一酸化窒素の切っても切れない関係性について解説したいと思います。

 



一酸化窒素と一酸化炭素の違いとは?

身体の中においてのシトルリンの活躍を説明する上では、ある要素が欠かせないと言われています。

その中の1つが一酸化窒素なんですね。

よく一酸化炭素と間違われてしまいますが、窒素の方ですね。

一酸化炭素だったら、身体に害がありますので・・・。

一酸化炭素を簡単に説明すると、ガス機器や石油機器を普通に燃焼させるためには十分な空気や酸素が必要になりますが、正しく使用しないと酸素が不足してしまい、不完全燃焼が起こってしまいます。

そうなると、有毒ガスである一酸化炭素が発生してしまうんですね。

一酸化炭素は色も臭いもないのですが、毒性が強い気体なので、少しでも吸い込んでしまうと中毒になる危険性があるんですね。

中毒になると、頭痛や吐き気がしてきて、手や足もしびれてきて、重症になると、身体が強い機能障害を起こしたり、意識を失って死亡してしまう事もあるくらい危険な成分なんですね。

話は逸れてしまいましたが、ここで話させて頂いているのは一酸化「炭素」ではなく、一酸化「窒素」の事ですので、お間違いのないようよろしくお願い致します。

この一酸化窒素とシトルリンの間には、実は切っても切れない関係性があるんですね。

 

一酸化窒素が身体に入るとどのような作用をするの?

一酸化窒素には「血管を広げて、血液をサラサラにする」という、非常に重要な役割を果たしてくれます。

血管が広がって、血液がサラサラになると、人間の身体に様々な良い影響を与えてくれるんですね。

反対にこの一酸化窒素が身体の中から不足してしまう事によって、血栓が生まれたり、梗塞が発生したりするというケースは多々あるんですね。

つまり、一酸化窒素というのは、血液に関する様々な病気に対して、抵抗する効果が期待できるというわけなんですね。

 



年齢を重ねると一酸化窒素が不足しがちになる!

そんな一酸化窒素は、年齢を重ねていく上で、どうしても不足しがちになってしまうと言われております。

どうしてかと言うと、あまり摂取する手段がないからなんですね。

通常の窒素というのは空気中に含まれていますが、一酸化窒素とはまた別問題になります。

この一酸化窒素が不足してしまって、血栓ができたり、動脈硬化になってしまったりするケースというのは、特に高齢者に多く見られるんですね。

また、ここ数年は成人病・メタボリックシンドロームとの併発で、血液に悪影響が出る事もよくあるみたいなんですね。

 

シトルリンには一酸化窒素を多くする働きがある!

シトルリンは、そんな一酸化窒素を多くする働きを持っているんですね。

そういう点では、非常に貴重な存在になるんですね。

しかも、シトルリンというのは遊離アミノ酸なので、運動をする事によってあっという間に身体の中に吸収されていきます。

つまり、即効性もあるという事ですね。

一酸化窒素を身体の中で一定量キープするためには、シトルリンを摂取するという事が非常に効果的というわけなんですね。

健康が気になる年代である中高年の方々は、一酸化窒素不足にならないようにシトルリンの摂取をやっておくべきだと思います。

 

 

血管に異常をきたすと様々な病気のリスクが高まる!

年齢を重ねてくると、様々な病気のリスクが高まると言われておりますが、一酸化窒素も少なからず関係しているんですね。一酸化窒素が不足しがちな中高年の方々はどうしても血管がなにかしらの問題を抱えている可能性が高いです。そうなれば、血管に血栓ができたり、動脈硬化になってしまいます。脳に血栓ができれば、脳梗塞になる可能性が高くなりますし、心臓に血栓ができれば、心筋梗塞になる可能性が高くなってしまいます。つまり、血管に何かしらの異常がきたしてしますと、様々な病気のリスクが高まってしまいます。一酸化窒素が身体の中から不足しないように、積極的にシトルリンを摂取する事で、血管に関わる病気などのリスクを減らす事ができますし、何より毎日健康に過ごせる可能性が高くなると思います。是非積極的にシトルリンを摂取するようにしましょう。

 

コメントを残す